BLOG

2016.10.07

コーヒーの酸味のお話

こんにちは!

今日は、コーヒーの酸味について。

お客様からたまに、

「酸味のないコーヒーありますか?」

と尋ねられることがあります。

コーヒーの酸味ってそもそもなんなのでしょうか。

酸味のあるコーヒー=酸っぱくて美味しくないコーヒー

と思われている方もいらっしゃると思いますが、本来のコーヒーの持つ酸味とは、

    ・後口のすっきりさ
    ・フルーティーな味わい
    ・爽やかな味わい

と味のバランスを整える重要な成分です。

ここで大事なのが、酸っぱくてまずいは悪い酸味で、豆の本来の味とは異なるということです。

悪い酸味とは、粉や液体の状態で酸化した酸味で、いわゆる鮮度の劣る酸味で、これが好まれない嫌な酸味の原因です。

国や産地、品種によって酸味の成分は異なり、それが味わいの違いになります。

ちなみに、酸味は深煎りにするほど感じにくくなりますので、豆本来の酸味も苦手な方は深煎りのコーヒーをオススメします。

コーヒーの世界も、実は奥が深く、まだまだ勉強中ですが、学んだことをできるだけ分かりやすく定期的にアップしていきますので、またチェックしてみてください☆

今日もコーヒーと素敵な一日を♪


CATEGORIES

HAVE A GOOD COFFEE TIME!